蛍光灯照明器具の生産が終了

蛍光灯照明器具 生産中止からLED化までのフロー

パナソニックの蛍光灯照明器具は、1952年にプル式の蛍光灯照明器具の生産開始から半世紀以上にわたって家庭やオフィスを照らし続けてきました。ですが、政府による「新成長戦略」「エネルギー基本計画」並びに日本照明工業会の「照明成長戦略2020」の目標に基づき、2019年3月末をもって蛍光灯照明器具を生産終了します。

 

※東芝と日立は既に生産終了。

※三菱とパナソニックは2019年3月末に生産終了

※蛍光ランプの製造は継続予定


蛍光灯をLEDに変えるにあたって知っておくべきポイント

LEDにすると何がいいの?

「次のあかりはLED…。それはわかっているんだけど、リニューアルすると何がどれだけ良くなるの?」そんなLEDのメリットをご紹介します。

LEDはこんなメリットも!

LEDのメリットは省エネだけではありません。水銀灯で不便だったことが一挙に解決します。ぜひお早めのリニューアルをご検討ください!


ビルオーナーの方、工場の経営者の方、マンションの管理組合の方は何といっても電気関連の経費の削減はありがたいことです。

例えば、マンションの廊下など共有部の照明は今までかなりの頻度で蛍光灯の球替えをしていたはずですし、電気代もかなりの金額だったはずです。また、電気料金が少なくて済むということは電気の消費が少なくて済むということ=エコロジーへの貢献でもあります。

今までの蛍光灯のようにグルーランプなどを必要としないLEDはスイッチを入れればすぐに点灯します。

まして水銀灯は明るくなるまでに数分を要していましたがその時間がなくて済むのもメリットです。

LED照明は従来の蛍光灯と比べて寿命がとっても長持ち!

2~3年に1度、蛍光灯を交換していた方もLED化をすれば10年くらい交換せずとも大丈夫です。

照明を買う手間も交換する手間も大幅に省けます。

日々進化しているLED照明ですが、実は100年以上の歴史があります。

現在のLED照明は色の再現性が高く、太陽の光に近いので、商品など品質を左右する「色」をしっかりと識別することが可能です。

LED照明は、虫が寄ってきにくいのもメリットといえます。

従来の蛍光とは波長が違うため、コガネムシ、スズメバチ、カメムシ、蛾、ハエ、セミなどを呼び寄せない性質があります。

蛍光灯・水銀灯をLEDに

今や時代はLED。

全国、たくさんの施設にご採用いただいています。


ランプ交換だけのLED化にはご注意を!

(一社)日本照明工業会でも注意を呼びかけています。

ランプを交換すればずっと使える??

それは間違った認識です。

ランプ交換だけのLED化にはご注意を

照明器具は約10年が交換の目安です!

ランプに寿命があるように照明器具にも寿命があります。器具を交換せずにランプ交換だけで済ますと、明るさも低下していきます。

照明器具の省エネ率も今と昔では大きく違うので、ランプ交換と器具を一緒に交換することで大きな省エネ効果が得られます。

 

また、10年過ぎると器具の故障率が急に増えていきます。照明器具の10年の適正交換時期を守りましょう。

※(一社)日本照明工業会ホームページより抜粋

内部では安定器等の劣化が進んでいます。

劣化した安定器内部とリード線

お気軽にお問合せ下さい TEL:0466-34-7560

ページ概要

テキストを入力してください テキストを入力してください テキストを入力してください

株式会社This Company

〒000-0000 東京都港区神道123

Tel: (123) 456-7890